状態異常の種類について(アドバンスレベル)

状態異常とは?

キャラカードはカードゲーム対戦中「通常」か「状態異常」のどちらかの状態にあります。

状態異常には、相手を弱体化させるものや自分を強化するもの。また、技の種類に対応して相手に反撃を行う「カウンター」などがあります。

また、注意する点として状態異常は常に新しいものが「上書き」され、同時に複数の状態異常の状態になることはありません。

ココでは、それら状態異常の種類を紹介します。

※オレンジ色の文字の状態異常の種類は「レギュラーレベル」では使用されない状態異常です。

状態異常の種類

相手を弱体化させる状態異常

マヒ

相手を状態異常「マヒ」にさせることで、相手は1ターン行動不能になります。

また、3on3においてマヒの状態異常になった戦闘状態のカードと待機状態のカードとの入れ替えはできません

ただし、ステータス「回復力」によるルーレット判定を行い、成功した場合は即時回復となり、同ターンでの行動が可能となります。

1回休み

相手を状態異常「1回休み」にさせることで、相手は同ターン行動不能となります。

また、3on3において気絶の状態異常になった戦闘状態のカードと待機状態のカードとの入れ替えはできません

必ず1ターン行動不能となる技であり、ステータス「回復」によるルーレット判定は行われません。

気絶

相手を状態異常「気絶」にさせることで、相手は数ターン行動不能となります。

また、3on3において気絶の状態異常になった戦闘状態のカードと待機状態のカードとの入れ替えはできません

ステータス「回復力」によるルーレット判定を行い、成功した場合は次ターンより行動が可能となります。また、判定に失敗した場合は、次ターンも行動不能が継続します。

大気絶

PHASE-3 より追加された要素です

相手を状態異常「大気絶」にさせることで、相手は数ターン行動不能となります。

また、3on3において大気絶の状態異常になった戦闘状態のカードと待機状態のカードとの入れ替えはできません

ステータス「回復力」によるルーレット判定を2回行い、2回連続で成功した場合は次ターンより行動が可能となります。また、判定に失敗した場合は、次ターンも行動不能が継続します。

混乱

相手を状態異常「混乱」にさせることで、相手は数ターン相手へ向けての攻撃・状態異常技が全て自分へ向けてのものとなります。

また、3on3において気絶の状態異常になった戦闘状態のカードと待機状態のカードとの入れ替えはできません

混乱で自分に向けて状態異常技が繰り出された場合、その状態異常が上書きされ混乱は解消されます。

ステータス「回復力」によるルーレット判定を行い、成功した場合は次ターンより通常状態となります。また、判定に失敗した場合は、次ターンも混乱が継続します。

大混乱

相手を状態異常「大混乱」にさせることで、相手は数ターン相手へ向けての攻撃・状態異常技が全て自分へ向けてのものとなります。

また、3on3において大混乱の状態異常になった戦闘状態のカードと待機状態のカードとの入れ替えはできません

さらに「個攻」や「個吸」といった、単体への攻撃が全て自陣側への全体攻撃と変化します。

ステータス「回復力」によるルーレット判定を行い、成功した場合は次ターンより通常状態となります。また、判定に失敗した場合は、次ターンも大混乱が継続します。

なお、大混乱の状態異常中に技選択で大混乱の技が選ばれた場合、シールドの枚数に関係なく戦闘不能となります。

自分を強化する状態異常

チカラ溜め(力溜)

同ターンは「なにもしない」と同じ効果となりますが、次ターンに相手のシールドを破壊する技がルーレットにより選ばれた場合、追加分のシールドを破壊します。

また、技その9「シールドを回復する(復+)」の回復分にもプラスされます。

持続するターンは1ターンのみで、相手のシールドを破壊する技以外が選ばれた場合効果は消滅します。

また、続けてチカラ溜めがルーレットで選択されても、追加分が累積されることはありません。

更に、技その17「行動力判定個別攻撃(動攻)」による破壊シールド枚数を数値分軽減させるという特殊な能力もあります。

ふんばり

PHASE-3 より追加された要素です

力溜+の状態で、シールドがちょうど「0」になる攻撃を受けた場合、シールドが1枚の状態で踏み止まります。

ただし、力溜+の効果も消滅します。

チカラ蓄積(力積)

PHASE-3より内容変更あり

同ターンは「なにもしない」と同じ効果となりますが、次ターンに相手のシールドを破壊する技がルーレットにより選ばれた場合、追加分のシールドを破壊します。

連続して力積+が選ばれた場合、追加分が数値分累積されていきます。

ただし、使用するカードのシールドの初期枚数より数字が同じ以上になると、暴発(オーバーヒート)となり、相手側の戦闘状態のカードも巻き込み自滅します。

その際、相手側は蓄積した数字分のシールドを破壊され、相性属性があればそれも乗ります。

カウンターの状態異常

攻撃カウンター(破後反・破前反)

同ターンは「なにもしない」と同じ効果となりますが、次ターンに相手が自分のシールドを破壊する技を繰り出してきた場合、反撃して相手のシールドを破壊します。

持続するターンは1ターンのみで、相手がシールドを破壊する技以外を選んだ場合効果は消滅します。

攻撃カンターには2種類あり「自分のシールドを破壊されてから反撃」「自分のシールドを破壊されないで反撃」に分かれます。

自分のシールドを破壊されてから反撃にあたる「破後反」の場合、相手からの攻撃で自分のカードが戦闘不能の状態になってしまったら、カウンターの効果も消滅します。

状態異常カウンター(状異反)

同ターンは「なにもしない」と同じ効果となりますが、次ターンに相手がマヒ・気絶などの弱体化させる状態異常技を繰り出してきた場合、その効果を消滅させてから反撃して相手のシールドを破壊します。

持続するターンは1ターンのみで、相手が弱体化させる状態異常技以外を選んだ場合、効果は消滅します。

ゼロカウンター(破後反0・状異反0)

同ターンは「なにもしない」と同じ効果となりますが、次ターンに相手が自分のシールドを破壊する攻撃、またはマヒ・気絶などの弱体化させる状態異常技を繰り出してきた場合、その効果を消滅させます。

持続するターンは1ターンのみです。

シールドを破壊する状態異常

トラップ

PHASE-3 より追加された要素です

同ターンは「なにもしない」と同じ効果となりますが、次の相手のターンで、技選択前に「戦闘状態」となっている相手のカードのシールドを1枚破壊します。

シールドを回復する状態異常

治療準備

同ターンは「なにもしない」と同じ効果となりますが、次ターンの技選択前に「戦闘状態」となっている自分のカードのシールドが1枚回復します。

持続するターンは1ターンのみです。

3on3においては、カードの入れ替えを利用することで、待機状態のカードを戦闘状態にさせ、シールド回復を行わせることもできます。

入れ替えを強制する状態異常

強制入替

相手の戦闘状態のカードを状態異常「強制入替」にします。

強制入替になった戦闘状態のカードは、待機状態のカードと入れ替えられます。

相手の状態異常「破前反・破後反」といった、攻撃に対してのカウンターに上書きされます。

逆に「状異反」といった、状態異常に対してのカウンターに対しては反撃を受けてしまいます。


タイトルとURLをコピーしました